うつを乗り切るために障害者年金を活用しよう

うつ病で障害年金を貰う

女性

障害年金はどの程度の鬱病で受給可能か

うつ病で就労が不可能な人は、障害者年金うつ病の申請が可能です。しかし、うつ病に罹患しているからと言って全ての人が支給対象になる訳ではなく、障害認定基準を元に審査されます。うつ病は意欲低下などの心理的症状が現れるほか、身体的にもつらくなる精神疾患です。無理に就労を続ければ症状は改善しないでしょう。就労が難しい程悪化した場合は障害者年金うつ病を受け取り、心身を休めながら通院・治療に専念すべきと言えます。しかし、鬱病は症状に波がある場合が多く、現状のみで障害年金の支給が認定される訳ではありません。障害年金は症状の程度によって等級が3段階に分けられます。等級の数字が小さくなる程障害の程度は重いです。1級は行動や思考障害が高度であり、頻繁に症状が現れるか持続している状態で、生活に援助が常時必要な人、2級は1級と同様の症状があり著しく日常生活に制限が見られる人です。3級は、うつ病の症状はあっても著しいものではなく、頻繁に症状が出るか持続するために労働が難しい人となります。日常生活が一人で送れるかどうかの判断基準も設けられていて、請求者が一人で暮らした場合を想定して判定されるのが特徴です。うつ病は、コミュニケーション能力が低下したり、食事や入浴等の日常生活に最低限必要な行動ができなくなったりします。金銭管理や社会生活をするための手続きができない、医師に自分の症状が伝えられないなども罹患者の生活で見られる場面です。こうした場面を7つに分けて想定し、問題なくできるか、指導や助言があれば自発的にできるかやや困難か、助言や指導があってもできないか行わないかなどに分けて7つの項目を評価されます。

障害者年金うつ病を受給するなら、大切なポイントは医師に適切な診断書を書いてもらうことです。障害者年金うつ病の審査をクリアするためには、請求者の日常生活や勤務の状態を詳細に伝える必要があります。このため、診断書は請求が通過するかしないかに影響が出るポイントです。うつ病の担当医師と日頃からコミュニケーションを深め請求者の状態を把握し理解して貰うと良いでしょう。とは言え、少ない診察時間で医師に日常生活の様子を伝えるのは難しいので、ある程度自分でまとめてから受診をします。日常生活で困難な場面や、誰と暮らしどんな援助が必要なのか、うつ病の症状が著しくなる頻度なども細かく伝えましょう。次に必要な準備が、請求者が自分自身で作成する病歴・就労状況等申立書です。医師に書いて貰う診断書だけでは伝わり難いことが書ける書類と言えます。症状や生活の状態、困っていることなどを具体的に記載してください。また、うつ病の初診日に遡り現在までの症状について記載しますが、3年から5年ごとに区切りながら書きます。何十年も病歴がある人もまとめて記載すれば書き直しを求められてしまいますので、数年ごとに区切ってください。ただし、医師が書く診断書とあまりにもかけ離れた症状や状態を書いてしまうと認定されない可能性が出てしまいます。必ず申請前に診断書の内容と、病歴・就労状況等申立書の記載内容を比較してください。両方の書類に矛盾点がないか、整合性はあるかを確認しましょう。うつ病で病院や年金事務所に行き手続きを行うのは、症状が著しい人にとって大変なことです。家族や専門家などを頼りながら申し込みするのも大切になります。